読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身辺整理

いつか死ぬその日のために

サッカーを見に行ってきた話

身辺整理Advent calender 2014

この記事は「身辺整理 Advent Calendar」の6日目です。

J1最終節、味の素スタジアムで行われたFC東京横浜F・マリノスの1戦を見てきた。去年は2試合くらいマリノスのゲームを見てたんだけど、今年初めてのマリノスは最終戦、しかもアウェーということになった。それは同行の方がFC東京サポで、昨年は日産スタジアムで行われた同じカードをホームで見たからであって、別にマリノスが樋口監督を解任するとかもうやってられないからFC東京に推し変するみたいなそういう理由ではない。

特にサッカーを好きになった理由というのはないし、今もルールや戦術については良くわかってない。ただ確実にいえることは、中村俊輔はもう老いぼれみたいな年齢なんだけどいまだにチームの主軸であって、もしかしたら自分は彼のフリーキックが見たいがためにマリノスのサポーターをやっているのかもしれない。

味の素スタジアム陸上競技場が併設されていないので、非常に見やすい環境だった。いいスタジアムだと思う。FC東京には、始まる前にユルネバという実にウッチャンナンチャンやるならやらねばっぽい略称を持つ海外の曲を歌う習慣があるらしく、どうやら日本ではほかにやっているクラブはないようだ。うろ覚えでもだいたい歌える非常にいい曲。スカパラの曲はカタカナで書いてあって「ミ コラソン」とかダサいことこの上なかったのだが、逆にユルネバは全部英語で書いてあってこどもたちは歌えないだろと心の中で思っていた。どちらもアルファベットにして、ルビをつけたほうが良い気がする。

試合は1-1のドローだった。イマイチぱっとしない結果になったがこれが今年のFC東京でありFマリノスだと思う。

いつ見ても米本はいい選手だ。