読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身辺整理

いつか死ぬその日のために

ミニマリスト界隈のブログを選ぶ基準 2016.3版

はじめに

最近、ミニマリストとかシンプルライフとかいった概念が流行っているんですね。なんでも、持ち物を減らしてモノに縛られることのない暮らしをしようってことだそうで。結構なことじゃありませんか。わたくしなんて数十年モノに溢れた汚部屋で過ごしておったもんで、散らかってない部屋できれいに過ごすことにはある種の憧れを抱いているのである。

それからというもの、その界隈で活動されている人のブログなんぞを何件かRSSリーダーに登録して読んでいるのであります。自分の暮らしをもっとシンプルで快適なものにできるかもしれない、と思うとどの記事も興味をそそられるわけです。

それでなくても、オシャレなお部屋の紹介だと思えば部屋のインテリアを考える上での参考にもなるもんね。

でもね、いろんなミニマリストのブログを読んだんだけどさ、中にはヘンな内容の記事もたくさんあるんだよね。そして、そーゆー記事に限ってはてなブックマークでバズっちゃうワケ。そりゃみんな「ミニマリストってなんなのクズなの」みたいな反応するよね。 なもんで、「ミニマリストのブログをよく読んでいるわたくしが選ぶミニマリストブログ」みたいなヤツを書こうと思ったわけですよ。そしたら、逆に「こーゆーブログは購読しない」っていういわゆるアンチパターンっていうのが先にできまして、しかもその内容ってほとんどがミニマリストに全然カンケーないブログにも通用するんだよね。

そんなわけで、長い前置きであったが、自分が(主にミニマリスト界隈の)ブログを読むときのアンチパターンを書いておこうと思う。あくまでも自分の基準なので、そもそも万人に当てはまるとは最初から思っていないんだけど、この後の文中ではあたかも万人が自分と同じ感性を持っているような風に書いているので、その点はご容赦いただきたい。

PVや収益を報告するブログは見ない

わたくしは収益を報告してるブログが大嫌いであります。だって記事の端々からカネの臭いが染み出てる気がしちゃうんだよね。

でもさ、アフィリエイトをやっちゃダメだってことは主張したくないワケよ。記事よりもアフィが多くてどっちがメインかわかんないってくらい盛り込まれたり、記事のど真ん中に入ってたりすると「きっつー」って思っちゃうけど、結局のところ広告はすべてブロックしちゃうから気にならないのであった。

とにかくわたくしが主張したいことは、毎月毎月「これだけのPVがありました!これだけの収益がありました!」みたいなコトを書いているのは、どうしてもアサマシく感じてしまうわけなのである。

そういや「ミニマリスト」とか「断捨離」とかいう言葉自体もカネの臭いしかしないので気に食わないのである。どうせ裏で大手広告代理店が「コリャ儲かりまっせ」といった感じで裏で糸でも引いて流行らせようとしてるんじゃなかろうかとさえ思うのですよ。

このブログを作るときも、そういうカネ臭い言葉を使いたくないから、わざわざタイトルを「身辺整理」にしたんだよね。

ニセ科学に好意的なブログは見ない

ニセ科学を信じるのは自由だ!っていう人多いよね。それはまあそれで尊重すべきだとは思うんだけど、そーゆー人に限って他人にデマを広めて害を与えちゃうんだよね。

だからだいたいこういうニセ科学を書いている人を見ると、あぁこのヒトは信用ができないなぁって思っちゃうのである。

あと、人によっては行きつくところまで行っちゃってスピリチュアルなセカイが見えてる人もいるらしい。わたくしは思うのだが、人を見てオーラを判断できるのは江原啓之くらいなのではなかろうか。

これだけ書いておいて、いったいどこまでが許せるゲンカイなのだろうか、ふと考えてみたが、東洋医学アーユルヴェーダといったいわゆる伝統医学を西洋医学と併用して取り入れることは何も問題ないのではないかという結論に至った。もちろん西洋医学を切り捨てて伝統医学だけで生きていたりするとこの日本ではトンデモ扱いされてしまうんだろうけどね。

承認欲求の塊なのにはてブのコメントを非表示にしているブログは見ない

はてなブックマークのコメント一覧を非表示に設定してる人、意外と多いんだね。

わたくしはブックマークでコメントというか大喜利をたくさんするし、コメントもたくさん読んで参考にしたいほうなので非表示にされると残念に思うタチなのであるが、その非表示にも大きく分けて2パターンあるように感じている。

まずひとつは、自分のスタイルを貫き通すために人の意見は不要と考えているタイプである。「おれが思う道はこれだから、おれはこれからもこの道をガンガン突き進むんだ。誰もおれを止めてくれるな」みたいなカンジかな?わたくしはこのタイプにはすごく好感を覚えるのです。そういうブログって、他の媒体でのコメントもわざとできないようにしていてすごく男気を感じるのである。もう自分のスタイルというものを完全に作りきっている感じがして、好き。

もうひとつ、そしてコッチが大多数になってしまうんだけど、それが「ブックマークで叩かれるのが嫌だから」っていうパターン。これが実にミットモナイ。本文中ではほかのブロガーとイチャイチャ交流をしておきながら、ブックマークだけは非表示にしている。自分にとって都合の悪いコトは聞きたくない、甘い言葉だけを聞きたいという意志を強く感じてしまうのだ。あれ、それって互助会っていうんだっけ?

とはいえ、ニンゲン誰しもそう考えるときくらいあるよね。わかるわ。

最後に

 わたくしはこういうのは見ないと言っているけど、ブログを書く側としてはそんなこと気にする必要なんかないよね。存分に収益報告すればいいし、ニセ科学の話題をすればいいし、互助会で盛り上がるといいと思うんだ。

ただ、わたくしは見ないというお話なのです。ことなるブログ文化圏がぶつかり合っても良いことなんてないから、お互いの棲み分けが大事だよということになるんですね。

それと、多分半年後には言ってることが変わってると思うんだよね。


こんだけ書いて適当に文体いじって遊んでる間にほかの人にだいたい同じようなことを書かれてしまった。供養の意味も込めて公開しておく。