身辺整理

いつか死ぬその日のために

2018AKBワールドカップ

趣旨

FIFAランキングに従ってAKBのメンバーを割り当て、グループリーグ突破を予想する試み(4年ぶり2回目)

グループA

ロシア(65位):太田奈緒
サウジアラビア(63位):熊崎晴香
エジプト(31位):森保まどか
ウルグアイ(21位):加藤玲奈
いまいちパッとしない組。順当にれなっちともりぽが上がってくるとは全く思えない。どのメンバーにもチャンスは転がっている。開催国の太田奈緒ちゃんは貴重なチーム8なのでがんばってほしいところ。

グループB

ポルトガル(3位):松井珠理奈
スペイン(6位):須田亜香里
ロッコ(40位):田島芽瑠
イラン(32位):福岡聖菜
これは意外と激戦区。じゅりなとだーすーがSKEであっさり通過する実力を持っているんだけど、じゅりなは肝心なときにすっ転ぶしだーすーは正統派じゃないのが忌避されてしまいそう。そこでせいちゃんの出番。もはや左上ちゃんとか言われてたあの頃の面影はない。そして気づけばグラビアもいけるようになってしまっためる。字が汚いのをなんとか改善できれば勝機は見えてくるかも。

グループC

フランス(9位):岡田奈々
オーストラリア(39位):村瀬紗英
ペルー(11位):高橋朱里
デンマーク(12位):白間美瑠
死の組と言ってもいい。STUを引っ張るリーダーのなぁちゃん、別名メッシのじゅり、夜中にAV見ながら寝落ちして父親に怒られるみるるんの三つ巴の対決。流石にさえぴぃはこの中だとちょっときつい。

グループD

アルゼンチン(4位):宮脇咲良
アイスランド(22位):大矢真那
クロアチア(17位):向井地美音
ナイジェリア(50位):田中菜津美
順当にさくらたんが1位通過して、問題は2位通過。元子役ロリ巨乳のみーおんと、グラビアの需要がまったくないまさなの熾烈な争いになります。見た目の順位だけ見ると均衡していますが、みーおんが非常に強いのでみんなみんな教の信者がどれだけまさなに貢献できるか。あとHKTのボスなつみかんがどれだけ場を引っ掻き回せるかが見どころ。

グループE

ブラジル(2位):渡辺麻友
スイス(8位):惣田紗莉渚
コスタリカ(26位):大場美奈
セルビア(37位):矢吹奈子
圧倒的にまゆゆ。そしてさりー。みなるんはヤングガンガンなんかだと表紙グラビアできるけど、この2人を前にするとちょっと厳しいか。なこは現在ぐんぐん発育しており、ロリコンのおじさんたちがあまり好まない体型になりつつあるのでちょうど代替わりのタイミング。次回に期待したい。

グループF

ドイツ(1位):指原莉乃
メキシコ(16位):吉田朱里
スウェーデン(18位):松村香織
韓国(59位):松岡菜摘
かつてはなつがHKTの2トップだったんだけどな……気づけば裏垢騒動もあったしな…… 圧倒的強さの指原を前に、YouTuberアカリンと元祖動画配信の女王かおたんが激突する構図。正統派と個性派なのでここは見どころ。

グループG

ベルギー(5位):荻野由佳
パナマ(56位):竹内彩姫
チュニジア(27位):太田夢莉
イングランド(15位):高柳明音
おぎゆかはまず大丈夫だと思う。問題は2番手争い。ちゅり優勢ではあるけどゆーりも強そうだなぁ…… さきぽんはどうかなぁ……

グループH

ポーランド(7位):横山由依
コロンビア(13位):本間日陽
セネガル(23位):中井りか
日本(55位):武藤小麟
おりんちゃんはちょっとこの3人相手だと厳しいのではないか。総監督ゆいはんが強いけど、ここはNGTの正統派ひなちゃんと暴走娘中井りかがまくる展開だと面白いと思うね個人的には。

結論

特にない。